雨漏り修理なら【雨漏り修理.com】にお任せ下さい!

雨漏り修理.comご利用の流れ
4つの強み
雨漏り修理のトイレの水漏れ
よくある質問
お客様の声

⇒サイトポリシーをご覧下さい。

雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151

雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!24時間365日全国対応 0120-127-151
雨漏り修理.comサービス一覧
ご利用の流れ
お客様の声
よくある質問
雨漏り修理のトイレの水漏れ
プライバシー対策も万全です。
対応エリア
ここが違う!雨漏り修理.comが選ばれる4つの理由
雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151
雨漏り修理.comお申込みから修理までの流れ
取引実績
雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にサービスをご利用頂いたお客様から、アンケートをいただきました。ご利用後、アンケートに応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

奈良県20代女性 4/11 
天井のシミが広がってきたので、インターネット検索で屋根に水をかけるという雨漏り点検方法を見つけて試してみましたが、雨漏りの原因箇所はよくわかりませんでした。雨漏りのシミが広がっているということは雨漏りの道が完全にできている状態らしいので、そのうち天井から水滴が落ちて家電製品が故障したり、室内に水溜りができてしまのではないかと雨が降るたびに不安でいっぱいでした。天井のシミに気付いてからは、いろんな心配をするあまり雨の日は外出を控えていたのですが、雨漏り修理をしてもらってようやく快適な生活を取り戻すことができました。ありがとうございました
群馬県30代女性 5/15
雨漏り修理を火災保険で行ってもらうつもりだったのですが、インターネットで調べてみると経年劣化が原因の雨漏りは対象にならないことを知り、慌てて業者さんを探し直しているときに御社のサイトを見つけました。いろんな業者さんと比較してみましたが、平米ごとに最低料金の掲載があったり部分修理を行うことで費用を抑えることができそうなので、御社に依頼することにしました。決め手となったのは相談窓口にお電話した時に「他社で見積りをとっていないか」という確認があったことです。相見積りを歓迎というのはサイトを見て知っていましたが、電話でも確認するということはよほど料金に自信があるのかなと思いました。見積り通りの金額で雨漏り修理を行ってもらえて満足しています。
佐賀県50代男性 5/11
雨漏り修理にかける資金がなかったので、雨漏りをしていると見られる箇所の修理を少しずつ自分で行ってきました。長期間かかるけれど確実に修理ができていると思っていたのですが、以前雨漏り修理を行った箇所から雨漏りが再発したり、まだ修理をしていない箇所の状態はどんどん悪化していくばかりなので、きちんと業者さんにお願いしようと考えている時に友人から御社を紹介してもらいました。これまでは雨漏りの可能性が高い箇所から作業を行ってもらっていたのですが、御社では最初に雨漏り点検をして原因を解明してから雨漏り修理を行うと聞いて作業内容の違いに驚きました。資金を気にしていたはずなのに、結局普通に雨漏り修理を行うよりも高額になってしまいましたが、雨漏りの原因を特定して修理をしてもらえたのでこれ以上被害が広がることがないとわかったのでようやく安心することができました。
山梨県40代男性 6/10
実家に帰省したときに、天井に穴が開いているのを見つけてしまいました。大雨が降ったときに雨漏りで天井が落ちてしまったようです。天井の穴の周辺も今にもおちそうな状態なので、室内にある家具や家電を移動させてはいるのですがここまで酷い状態だと目に見えていない場所の腐食などの被害も心配になりました。私は遠方に住んでいるので雨漏り修理に立ち会うことはできなかったのですが、お電話口で補修が必要な場所や、雨漏りを放置していたことによって起こっているであろう被害状況ををわかりやすく教えてもらえたので、内装の修理の業者さんに詳細に説明することができ非常に助かりました。施工終了後にも丁寧にお電話をいただけたので、御社に雨漏り修理を依頼して本当によかったです。
千葉県40代女性 7/14
屋根の一部分の瓦が破損して、水がポタポタと落ちる音がするので自分で雨漏りを修理をするための情報収集として御社の相談窓口にお電話しました。担当の雨漏り修理業者さんとお話をしていたら、応急処置で修復するのは不可能ではないけれど、完全に雨漏り修理することは難しいと聞いてやはりプロの雨漏り修理業者さんにお願いするほうが安心だと考えを改めました。雨漏り修理作業を見て思ったのですが、知識のない私が屋根に上がっていたら、瓦や屋根材を踏んで割ってしまったり、瓦下の天井部分に侵入した時に天井を踏み抜いてしまっていたかもしれません。完全に修理できないばかりではなく、新たな修理代金が発生するリスクを考えると、雨漏り修理費用は決して高くはないのではないかと思いました。
雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151

よくあるご質問

雨漏りの原因はなんですか?

よくあるご質問
自然災害などの突発的な天災以外では、建築物の経年劣化が主な雨漏りの原因です。建築物の屋根部分や外壁は、年中風雨にさらされているのですから劣化の進行が早くなるのは致し方ないと思います。特に建築年数が経過した建造物は、材木が古くなって水が浸みこみやすく腐りやすいので注意が必要です。建設物の素材で屋根や外壁の耐久年数も異なりますので、建造物にあった時期ごとに屋根や外壁を雨漏り修理の専門業者に点検してもらい、大切な住宅を腐食から守り劣化の進行を少しでも遅らせましょう。住居を購入された方は、不動産会社から定期点検の案内が届きますので、無償で点検してもらえる箇所は必ず点検してもらうようにしましょう。雨漏りや瑕疵については10年間の保証が義務付けられていますので、雨漏りに気付かれましたら不動産会社までお問い合わせ下さい。

雨漏りの被害はどのようなものですか?

よくあるご質問
雨漏りの被害箇所や被害状況によっても異なりますが、雨水の侵入経路にある木材やコンクリートは腐食し、鉄骨にはさびが出ます。雨水の浸入にによって天井や壁にシミができるのですが、このシミの内部も腐食している可能性が高くなります。また、雨漏りを修理せずに放置しておくと湿度が高くなるので、住宅の天敵であるシロアリの繁殖を誘発することにも繋がります。異常な湿度の高さが継続するとカビやカビを食べるダニも必然的に発生してしまって、喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギーの原因になります。雨漏り被害の進行ごとに二次被害も拡大していってしまうので、早期に修理を行って被害を最小限に抑えるようにしましょう。

雨漏りを自分で修理することはできますか?

よくあるご質問
修理をすることはできますが、雨漏りの原因を解明して完全に雨漏りを修理することはほぼ不可能といっても言い過ぎではないと思います。あくまでも応急処置としてされるのであればいいのですが、本来の原因を解決することができないままだと天井や壁部分のシミや腐食、最悪の場合はシロアリの被害にあう可能性もありますので、根本的な解決を行うには雨漏り専門業者に依頼をしましょう。自分で修理した場合、間違った雨漏り修理をしてしまうことで更なる雨漏りや再発の可能性もあります。雨漏り修理の道具や情報収集などの労力や費用を考えると、応急処置をせずに雨漏り修理の専門業者に依頼して確実に修理をされることをお勧めします。

雨漏りの前兆はどんなものですか?

よくあるご質問
天気がいいのに室内の湿度が異常に高かったり、窓枠の結露が酷く局部的にカビが発生したり、天井や壁紙のクロス部分にシミができたりはがれていたら、それは雨漏りの前兆です。天井部分にいつの間にかできたシミを見なかったフリをしていると、シミはどんどん大きくなって雨の日には水滴が落ちるようになります。雨漏りを修理せずに放置しておくと被害はどんどん拡大するばかりです。特に屋根部分の劣化が原因の雨漏りは、住宅の劣化を加速させることになってしまうので早めに補修しなければなりません。雨漏りを未然に防ぐためにも、住宅の塗装や、屋根の補修などのメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

雨漏りはどんな場所で起こりますか?

よくあるご質問
「雨漏り」というと屋根で起こっているイメージが強いのですが、現在の住宅では屋根よりも壁からの水の浸入が多くなっています。屋根部分の雨漏りとは違って外壁からの雨漏りは、雨漏り原因箇所と室内にシミができる場所が離れていることが多いので、特定が難しい雨漏りのひとつでもあります。他にも窓枠や雨どいのつまり、屋根材の劣化によるものが原因と考えられます。屋根や外壁に施された「防水材料」は材料の劣化に伴って機能の低下が起こしますし、年中風雨にさらされている屋根材は特に経年劣化が早い場所なので、材料の劣化が原因の雨漏りが起こる前に定期的にメンテナンス行う必要があるのですが、屋根部分などの高所での作業は危険が伴いますので点検は雨漏り修理業者にお任せください。

よくあるご質問について

トイレ・水漏れでお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151

雨漏り修理の基礎知識


・雨漏りと火災保険
風災や水害については火災保険の支払い対象(ご加入の保険の種類によって異なります)になる場合がありますが、雨漏りに関しては火災保険の支払い対象にならないケースが多くなっています。火災保険が適用されない理由は、建築物に使用されている材料の経年劣化が雨漏りの原因となっていることが多く事故性がないことがあげられます。自然災害などの突発的な天災で、家屋に損害をもたらすとみられる雨漏り修理につきましては、ご加入の保険会社までご連絡ください。

・自然災害後に横行する業者にご注意ください
竜巻や台風などの災害後は、悪徳商法が横行します。屋根や雨漏り修理をしなければ二次被害や三次被害が起こり大変なことになると不安をあおって、検討する時間を与えずに契約させてしまうのが手口のひとつです。見積り以上の高額な金額を請求されたり、雨漏りや雨漏り修理などの知識や経験がないため適した工事が行われていないことが問題となっています。実際に雨漏り修理や住宅の補修が必要な場合でも、複数の業者に見積りをとってみたり、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。訪問販売業者の高圧的な態度に屈して契約してしまったら、お住まいの国民生活センターにご相談ください。

・雨漏り修理と瑕疵担保責任
法律が改正されてから不動産業者や建売業者は、新築、中古物件問わず、雨漏り修理が必要な物件の販売は禁止され、購入した建築物が雨漏りが発生した場合は、売主が雨漏り修理を行わなければならなくなったので、完全に雨漏りを修理を行うことができる業者が求められる時代になりました。当社の雨漏り修理の知識や技術がみなさまのお役に立てると幸いです。

 

雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151

会社情報ついて

雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comにお任せください!0120-127-151