雨漏り修理ならお任せください!

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

原因特定が一番最初の作業です。

修理には、自然現象への洞察と、周辺情報の蓄積が必要だと主張してきました。
原因については、よくインターネットなどを見ていると老朽化に言及しているサイトを見かけます。
それはそれで間違いではないのですが、老朽化だけで家が雨漏りをするわけではありません。

当然、家の老朽化は、屋根の破損を招き、瓦などにヒビが入って結果として漏れるという状況を引き起こしてしまいます。また、外壁の接合部が劣化して、ズレをおこして雨の経路ができてしまいます。また、ベランダなどの外界と家との接点において、防水設備が劣化をおこしてしまい漏れている経路ができてしまうこともあるそうです。
これらが、老朽化による原因ですが、それ以外の原因の特定にはどうすればいいのでしょうか?

そこで、オススメしたいのが雨量と具合いの確認です。少ない小雨のような雨量でも雨漏りをするようなら、大きな経路ができていると想像できます。また、集中豪雨やゲリラ豪雨のような雨量でも、少量なら、かなり小さい経路が形成されていると考えられます。
原因特定に困ったら、まずは雨量と雨漏り具合いとの比較をしましょう。素人判断では、難しくとも雨漏り修理のプロならこの情報でわかるかもしれません。

 

雨漏り・雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comへ!

スタッフ待機中!